MAMORIO、経済産業省がスタートアップ企業の育成支援をするプログラム「J-Startup」に選定|MAMORIO株式会社のプレスリリース


  このエントリーをはてなブックマークに追加

MAMORIO株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:増木大己 以下MAMORIO社)は、経済産業省が革新的な技術やビジネスモデルを有する企業を支援する育成プログラム「J-Startup」にて、支援企業の第一弾に選定されたことをお知らせいたします。



■ J-Startupについて



J-Startupは、経済産業省が JETRO(日本貿易振興機構)、NEDO(新エネルギー・産業技術綜合開発機構)らと共同で運営するスタートアップ支援プログラムの総称です。経済産業省が掲げるユニコーンや上場ベンチャー企業を2023年までに20社創出することを目標に、世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を日本から生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供することを目的とした育成プログラムです。

第一弾の今回は、日本全国に約1万社のスタートアップの中から、トップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当と、有識者により構成された外部審査員会による評価・採点により、ロールモデルとなるスタートアップ約100社を採択し「J-Startup 企業」として認定し(今回の初回バッチでは92社が採択)、官民一丸となって海外展開も含め集中的にサポートするものとなります。



J-Startupウェブサイト https://www.j-startup.go.jp/





■ MAMORIO株式会社について

 

タグとスマホアプリの連携で紛失防止タグとスマホアプリの連携で紛失防止


MAMORIO社は「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップカンパニーです。

消費者向け紛失防止デバイス「MAMORIO」シリーズのほか、法人向け紛失防止サービス「MAMORIO OFFICE(β版)」を提供しています。MAMORIO社は、より多くのシチュエーションでの紛失を防止することを目指し、ソフトウェア・ハードウェア領域での事業拡大を進めてまいります。

MAMORIO FUDAMAMORIO FUDA


なお、現在開催中のInterop Tokyo2018(2018年6月13日(水)〜15日(金))にて「MAMORIO OFFICE(β版)」や、電子製品・書類ファイル・社員証などに貼ってご利用いただけるシール型の紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」も併せて展示・出展しております。



会社名 MAMORIO株式会社

代表者 代表取締役 増木 大己

設立 2012年7月

本社所在地 〒101-0021東京都千代田区外神田3-3-5ヨシヰビル5F

事業内容 ポータルサイト「落し物ドットコム」の運営、落し物防止タグ「MAMORIO」の開発

コーポレートサイトURL https://mamorio.jp/



 








  このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ最新記事

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 活動記録のお知らせ


KDDIが提供するauスマートパスでチャット占いアプリ「au占い」アプリの配信を開始


人気共闘スマホFPSゲーム『モダンコンバット Versus』で新モード「ウォーゾーン」追加などのアップデートをiOS版で6月21日に実施!


オトバンク、女子陸上競技部を発足〜実業団スポーツの「諦める」をなくし、選手の中長期的キャリア形成を目指す〜


ブラザーがDEPARTUREと業務委託契約を締結して開発を進めてきたサービス「Fourtrive」のテストマーケティングエリア拡大




ページトップへ