日経電子版、有料会員数が60万人に。20代、女性に支持広がる 登録会員も400万人超に |株式会社 日本経済新聞社のプレスリリース


  このエントリーをはてなブックマークに追加

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)の「日本経済新聞 電子版」の有料会員数が60万人を超えました。2010年3月の創刊から、30~50代のビジネスパーソンを中心に有料会員を増やしてきましたが、近年は20代や女性、就活生まで幅広い層に支持が広がってきました。無料会員を含む登録会員数も400万人を超えました。



有料会員が50万人から60万人に増えるまでの期間は、40万人から50万人に増えたときに比べて6ヶ月短縮し、成長のペースが早まりました。20代や女性の有料会員が増えたことが主な原因で、18年1~4月の新規有料会員の内訳は20代が4割、女性が3割弱を占めました。



また、就活のために有料会員登録する学生も増えています。15年以降、学生の新規有料会員は毎年、3割増のペースで増え続けています。登録したキーワードや企業名でニュースを自動収集する「Myニュース」や上場企業ごとに情報を集めた「日経会社情報デジタル」を使って、志望する業種・企業の情報を効率的に集め、就活に役立てています。



日経電子版は17年11月のリニューアル以降、モバイルの表示速度を2倍に向上させたほか、紙面に先駆けて電子版でニュースを配信したり、デジタルの幅広い表現手法を組み合わせてニュースをわかりやすく伝えたりする「デジタルファースト」を推進。いずれも読者体験を向上させ、電子版会員の利便性を高める努力を続けてきました。



また、機能とコンテンツの充実に向け、人工知能(AI)をはじめとする新しいテクノロジーを積極的に導入しています。上場企業が発表する決算情報をもとにAIが決算の要約を作成する「決算サマリー」、文章の作成から配信まですべて自動で行っています。18年3月には企業向けサービス「電子版Pro」に日英自動翻訳の機能を搭載しました。



日経電子版はこれからも会員のニーズを吸い上げ、必要なときに必要なニュース・情報が手に入るデジタルメディアとして磨きをかけていきます。


■日経電子版

https://www.nikkei.com/



【日本経済新聞社について】

日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である『日本経済新聞』の発行部数は現在約250万部で、2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は現在60万人を超え、有料・無料登録を合わせた会員数は400万人を超えています。








  このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ最新記事

オンラインカードゲームの原点「アルテイル」の新作アプリ『アルテイルNEO』ユーザー大会開始!


【アルテイルクロニクル】バトル環境の進化に向けた既存キャラクター強化開始!「潜在アビリティ」新対応キャラクター6体が決定!


ベビーカレンダー「パパの子育てに関するアンケート」調査を実施!約8割が子育てに協力的!一方、愛情薄れたママは約4人に1人夫婦危機の理由1位は「子どもファースト」、円満の秘訣は「溜め込まない」


ビッケブランカ、moumoon 音楽チャットイベント“Listen with”に登場決定!


相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」ビジネスモデル特許 国内優先権主張出願制度を活用した追加出願完了のお知らせ




ページトップへ