ウォンテッドリーと京都銀行が業務提携 企業の若手人材不足などの課題解決を支援|ウォンテッドリーのプレスリリース


  このエントリーをはてなブックマークに追加







ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、京都銀行と業務提携契約を締結いたしました。ウォンテッドリーが関西地区の金融機関と提携するのは初めてです。京都銀行の取引先企業が抱える若手人材不足などの課題解決に向けた支援を両社で行います。





提携の背景

ウォンテッドリーは 2012 年2月にビジネスSNS「Wantedly」をリリースし、これまで25,000社が登録、月間 200 万人が利用するサービスへと成長を続けています。会社とビジネスパーソンを“共感”でマッチングする「Wantedly Visit」は、20〜30 代の若手層に支持されています。



 



厚生労働省京都労働局が発表した平成30年2月の京都府内における有効求人倍率(季節調整値)は1.56倍であり、10か月連続で1.5倍台の高水準を維持しています。※



 



今回、ウォンテッドリーと京都銀行が提携することで、同銀行の取引先企業が抱える人材不足に対し、「Wantedly Visit」のメインユーザーである 20〜30 代の若手層のマッチングを支援してまいります。企業は、“共感”でマッチングを行うことで、これまでの採用ツールや媒体では出会えなかった層にアプローチすることが可能になります。京都銀行から「Wantedly Visit」を紹介された企業については、ウォンテッドリーで運用のサポートを行い、両社で若手人材不足などの課題解決を支援してまいります。



 



※ 京都労働局職業安定部『京都府の雇用失業情勢 平成30年2月内容』



https://jsite.mhlw.go.jp/kyoto-roudoukyoku/content/contents/000204708.pdf





ウォンテッドリーについて



ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドル人をふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。2012年2月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数25,000社、月間ユーザー数200万人を超え、『はたらくすべての人のインフラ』になることを目指しています。



<会社概要>

会社名  : ウォンテッドリー株式会社

URL         : https://www.wantedly.com

本社所在地: 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F

代表取締役: 仲 暁子                                    

設立   : 2010年9月

事業概要    :  月間200万人が利用するビジネスSNS「Wantedly」

                     運命のチームやシゴトと出会える「Wantedly Visit」

                     はたらくを面白くするブログ「Wantedly Feed」

                     名刺管理アプリ「Wantedly People」

                     ビジネスチャット「Wantedly Chat」

                     社内ツールの口コミサイト「Wantedly Tools」

                     ポートフォリオサイト「Wantedly Case」











  このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ最新記事

ラッパー「SKY-HI」とのスペシャル企画、LINE MUSIC会員限定、ライブハウスツアー「SKY-HI Round A Ground 2018」に20組40名を特別招待


歌と楽器の録音、投稿コラボの音楽SNSアプリ Jam Studio® はアプリの公開1周年を記念し、ユーザーに感謝を込めて2つのプレゼント企画を実施!


登山・釣り系インスタグラマー200人以上が参加!アウトドア情報アプリ「sotoshiru」にて登山・釣りの実例写真の募集開始


キ/ズ/ナを繋げるスタイリッシュ妖怪RPG『東京コンセプション』「富士葵」&「ときのそら」コラボイベントを本日より開催!


企業紹介動画の“撮り放題”サービスが登場(月額6万円) ヤマハの動画制作サービス「tollite」の姉妹サービス『tolliho』が北斗社から登場




ページトップへ