増税に負けないで!スマホ決済導入の中小個人商店に売上の10%あげちゃいます 『第2弾!おみせに10%上乗せ還元キャンペーン』大好評継続決定! 10月31日までの申込者限定|NIPPON Platform株式会社のプレスリリース


  このエントリーをはてなブックマークに追加





NIPPON Platform株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長:高木 純、代表取締役社長:菱木 信介、以下 ニッポンプラットフォーム)は、『第2弾!おみせに10%上乗せ還元キャンペーン』を2019年8月1日(木)〜10月31日(木)(申込期日)の期間で実施いたします。



このキャンペーンは「中小個人商店を中心とするおみせ活性化を起点とした地域創生・地方創生の実現」および「日本をキャッシュレス化する」を目的に、ニッポンプラットフォームが無償レンタルするタブレット端末「ニッポンタブレット」での決済売上げを10%上乗せしてお店に還元するもので、大好評につき期間の延長が決定いたしました。





■「第2弾!おみせに10%上乗せ還元キャンペーン」


https://nippon-tablet.com/lp/campaign201908





■「ニッポンタブレット」の導入で、ITとインバウンドの波に両方乗れる

キャッシュレス化は、消費者だけでは成立しません。消費者とおみせが両社存在するからこそキャッシュレス化が促進されると考えております。そこで我々は、おみせも消費者と同じように還元されるべきだと考え、おみせに対して「10%上乗せ還元」でおみせのキャッシュレス化を実現し、おみせを応援することにいたしました。

今年10月には消費税増税が控え、特に中小個人商店にとっては、打撃になりかねません。「ニッポンタブレット」導入は、ポイント還元などで、消費者への負担を軽減させるだけでなく、おみせにとってはキャッシュレス対応による生産性向上と、中国の決済会社WeChat Payやシンガポール人の90%が使用しているNETS Payの決済も対応可能になることから、インバウンド対策までもカバーすることが叶います。

ニッポンプラットフォームは、キャッシュレス 対応を躊躇われている中小個人商店の皆さまをサポートすることで、おみせと地域の活性化を実現します。




<「第2弾!おみせに10%上乗せ還元キャンペーン」概要>

■期間

キャンペーン申込期間:2019年8月1日(木)〜10月31日(木)

キャンペーン適応期間:2019年10月1日(火) 〜2019年12月31日(火)



■内容

一定の条件を達成することにより、キャッシュレス決済売上10%上乗せ還元



■条件

・おみせ応援プロジェクト(https://nct.or.jp/project/)への参加(既存加盟店も対象)

・毎月1回100円以上の決済10回以上(月単位での還元要件)

・キャンペーン適用期間終了日(2019年12月31日) までに「加盟店マイページ」更新



■キャンペーンの規約

・NPスマート決済サービスによる決済が対象

※2019年8月13日現在の対象決済ブランドは、下記になります。

Amazon Pay, d払い®, pring, WeChat Pay, NETS Pay, DBS PayLah!, OCBC Pay Anyone, UOB Mighty

※現在も、国内外の決済ブランドとの提携準備を進めており、順次追加予定です。

・1回の決済あたりキャンペーン対象上限額は5万円まで、還元上限額は5千円



■キャンペーン還元金の支払いについて

締め日:2019年12月31日(火) 

支払日:2020年2月17日(月)



■問合せ・申し込み

受付時間:9:00〜21:00(土日祝も対応可能)

フリーダイヤル:0120-005-796

E-mail:support@nippon-g.jp 

URL:https://nippon-tablet.com





■キャッシュレス決済を無料で導入しよう!

1台のタブレット端末で、国内向け決済方法(Amazon Pay、d払い®, pringなど)をはじめ、インバウンド決済など、いろいろな決済方法がご利用いただけます。個人商店やPOSレジを導入出来ていないお店でも、今すぐ新しい決済方法を導入していただくことが可能です。





<ニッポンタブレットで利用できる決済ブランド> 2019年8月13日現在

Amazon Pay, d払い®, pring, atone, WeChat Pay, NETS Pay, 

DBS PayLah!, OCBC Pay Anyone, UOB Mighty

 




■ニッポンプラットフォームについて

「中⼩個⼈商店を中⼼とするおみせ活性化を起点とした地域創⽣・地⽅創⽣の実現」及び「⽇本をキャッシュレス化する」をビジョンに掲げ、タブレットの無償提供、QR コード決済アグリゲーションサービス、IP カメラを活⽤したおみせアナリティクス、インバウンド関連サービス、防犯・防災関連サービスなど、さまざまなおみせ活性化ソリューションを提供しています。



 

■NIPPON Platform 株式会社

本社:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F

H P: https://nippon-platform.co.jp/

代表:代表取締役会長 兼 海外事業CEO高木 純

         代表取締役社長 兼 国内事業CEO 菱木 信介

設立:2016年10月

資本金:502,487,400円(資本準備金含む)

事業内容:スマート決済プラットフォーム事業、おみせプラットフォーム事業

顧問:橋田 浩一(PLR*1技術顧問)

東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授

*1自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。

 PDS (Personal Data Store) の一種で個人生活録(PLR: Personal Life Repository)のこと。








  このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ最新記事

中高生に人気のクリエイター大関れいか初プロデュース記念!


J1初!MaaSの実証実験の実施〜こまがわ商店街ともコラボし”体験をつなぐ"取り組み〜


「17 Live」が、VODサービス「17 Live+」をスタート!〜新番組第1弾は「チルナイト」、タイムマシーン3号や東京ホテイソンなどが日替わりMCに〜


神戸発3ピースバンドw.o.d.が“リフが素晴らしい曲”をテーマにしたプレイリストを「AWA」で公開


「株式会社バイオームは、日本自然保護協会が実施する『砂浜ムーブメント2019』に、いきものコレクションアプリ「Biome(バイオーム)」を提供し砂浜の生物多様性の見える化に協力します」




ページトップへ