5社限定!メタップスリンクスの新プロダクト「Metaps Bridge」、総額100万円分無料キャンペーン開始!|株式会社メタップスリンクスのプレスリリース


  このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社メタップスリンクス(所在地:東京都港区 代表取締役:山﨑 祐一郎、以下当社)の提供する、スマートフォンアプリのデータ活用支援サービス「Metaps Bridge」のリリースを記念して総額100万円分以上が無料となる導入支援キャンペーンを実施します。







 



 



1、キャンペーン詳細



当社では、スマートフォンアプリの成長をデータの活用を通じて支援しております。今回、リリースいたしました「Metaps Bridge」では、スマートフォンアプリのデータと自社で保有しているデータの結合など、様々な形でデータの活用が実現できるサービスとなっております。

この度、リリースを記念して弊社サービス「Metaps Bridge」の導入を検討したい、アプリ内のデータの可視化やデータの活用を行ってみたい、アプリ成長を促進させたい事業主様にデータ活用を体験していただく為のキャンペーンを実施いたします。



・無料導入予定企業数

 先着5社

・キャンペーン適用範囲

 基本料金    :月額利用料

 オプション機能 :Push通知打ち放題/セグメントレポート機能

 コンサルティング:Push通知施策の設計立案と運用サポート

・無料提供期間

 利用開始から5か月間(総額100万円分相当)

・キャンぺーン開催期



 



19年7月22日 ~5社到達後終了





2、「Metaps Bridge」について

サービスについて

「Metaps Bridge」は、スマートフォンアプリに関わる様々なデータを統合、可視化、そして活用までを可能にするサービスです。マーケティングデータやアプリ内行動データ、会員情報などのユーザーデータの統合を行い、その統合データをアプリの分析や広告出稿時のデータ活用に応用できる環境を提供いたします。

今までなかなか実現できなかった、サブスクリプションモデルのアプリ様のデータの可視化も可能になっております。

 





 





スマートフォンアプリの成長支援も提供

「Metaps Bridge」にて取得したデータの活用を促進し、スマートフォンアプリの成長支援も提供を行っております。ユーザー行動毎のPush通知などのアプリ内マーケティングの設計支援や、データ分析によるオンライン広告予算の最適化支援やユーザーデータを活用した休眠復帰施策などアプリ事業者様の課題解決の支援が可能となっております。



3.今後について

現在、取得したデータを機械学習に学習させ、アプリ運営における最適な事業判断を支援する研究を開始し、事業目的に合わせたアプリ内KPIの最適化、マーケティング予算配分の最適化などを実現し「Metaps Bridge」の機能として実装を目指しております。研究結果を基にしたアプリ事業者様向けのセミナー等も企画をしており、様々な形でスマートフォンアプリ市場の成長に寄与できるよう尽力してまいります。





<会社概要>

株式会社メタップスリンクスは、株式会社メタップスよりマーケティング事業の継承を受け平成28年12月1日に発足いたしました。様々なプロダクトを開発し、データを軸にしたスマートフォンビジネスのサポートを行っているメタップスグループの中核企業です。

当社では、蓄積したデータを元にアプリの失敗の要因を最大限抑止し、アプリを成功に導くコンサルティングができる会社を目指します。データを軸としたアプリ運用のコンサルティングを強みとし、新しい手法でアプリ発展の提案をいたします。

商号    :株式会社メタップスリンクス

代表者    :山﨑 祐一郎

URL    :https://www.metaps-links.com

 











  このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ最新記事

尼神インター、千鳥、和牛、霜降り明星が登場!!よしもと芸人がどうぶつの姿になり運動会で対決する新作ゲーム「対決!よしもと大運動会」の配信を開始!


共闘対戦 爽快パズル消しゲー『エレメンタルストーリー』が、「ハロウィンキャンペーン」を本日より開催!最大70連の無料ガチャなどの豪華6大キャンペーンを見逃すな!


finbee(フィンビー)、新機能「クエスト貯金」の提供開始


『東方キャノンボール』10月15日(火)15:00より、期間限定イベント「秋の儀式と魔女修行」と「秋の儀式と魔女修行ピックアップ召喚」、さらに「第5弾 リリース記念ピックアップ召喚」を開催!


電子マネー決済サービス『DigiCash』に新機能 サブカルコンテンツをQRコード一つで販売可能にする「MediaQR」を開発




ページトップへ