Origami、総務省が推進する「統一QR「JPQR」普及事業」に参画|Origamiのプレスリリース


  このエントリーをはてなブックマークに追加






  株式会社Origami(本社:東京都港区、代表取締役社長:康井義貴、以下「Origami」)は、総務省が推進する「統一QR 「JPQR」普及事業」に決済事業者として参画いたします。本事業は2019年3月にキャッシュレス推進協議会が取りまとめた統一バーコードおよび統一QRコード(JPQR※)の普及に向けたものです。Origamiは、

ユーザーの皆様の利便性向上や、加盟店様の決済時の運用のしやすさなどの観点から、今後ともキャッシュレス推進協議会における活動を含め積極的な取り組みを行い、キャッシュレス社会の実現を通じて、地域活性化や生産性向上などの社会課題の解決に寄与してまいります。




■今回の事業について

1.事業名称

統一QR「JPQR」普及事業

2.期間

2019年8月1日~2020年1月31日

3.実施地域

岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の県全域

4.概要

コード決済の小規模店舗を含めた広範な普及を図るために、一般社団法人キャッシュレス推進協議会(会長:鵜浦博夫)の策定する統一QRコード・バーコード(JPQR)を面的に導入し、地域における加盟店開拓業務プロセス等の検証と、低廉な手数料率でのサービス提供等によるキャッシュレス化の進展の検証を4つの地域(岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の県全域)にて行います。

5.参加事業者

・請負事業者:凸版印刷株式会社

・コンサルティング事業者:有限責任監査法人トーマツ

・決済事業者:株式会社NTTドコモ、株式会社Origami、KDDI株式会社、株式会社福岡銀行、PayPay株式会社、株式会社みずほ銀行、株式会社メルペイ、株式会社ゆうちょ銀行、LINE Pay株式会社

・店舗売上一括管理画面提供事業者:株式会社マネーフォワード

※2019年5月時点でのもの

※五十音順



・Origamiについて

Origamiは、「お金、決済、商いの未来を創造する」とのミッションのもと、キャッシュレスを実現するモバイルにおける金融プラットフォームを提供しています。2012年に会社設立し、2015年にスマホ決済サービスの提供を開始。その後、全国のコンビニ、ファストフード、タクシー、百貨店や地域の小売・サービス業など、多岐にわたる業種・業態の加盟店へ、Origami Payの導入が拡大しており、加盟店数は国内145万ヶ所、海外1,000万ヶ所(2019年末予定)になります。



「Origami」アプリは、App Store、Google Playよりダウンロードください。

AppStore: https://itunes.apple.com/jp/app/id622474053?mt=8

Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=co.origami.android&hl=ja

* 対応環境: iOS10以上・Android5以上

「Origami Business」アプリは、App Storeよりダウンロードください。

App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/id1037731672?l=en&mt=8

* 対応環境: iOS10以上

 

Origami Payの導入を検討されている法人のお客様は、こちらからお問い合わせください。

https://origami.com/business/








  このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ最新記事

「KLab Creative Fes-2D- イラスト・アートコンテスト」開催決定!


TikTokで話題の楽曲「ホットソング」7月度版プレイリストを「AWA」で公開


カヤック「ぼくらの甲子園!ポケット」で大人気イベント「進め!スマッシュダンジョン~炎の剣士さくらとともに~」開催!


「囚われのパルマ」シリーズ3周年記念イラスト完全版公開! パセラリゾーツとのコラボも決定!


世界初!ウェブページに吹き出しのコメントを表示・作成できるウェブ・ブラウザUDのバージョン1.2をリリース




ページトップへ