暗号資産SocialGood(ソーシャルグッド)上場決定、取引高世界第5位の「DigiFinex」、欧州大手「LATOKEN」他、複数の大手取引所で上場へ|Social Good Foundation Inc.のプレスリリース


  このエントリーをはてなブックマークに追加

Social Good Foundation株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 高岡壮一郎、以下SGF)は、シンガポール拠点の大手仮想通貨交換所「DigiFinex」と欧州を中心に幅広い顧客層を持つ「LATOKEN」と暗号資産SocialGood(ソーシャルグッド)の上場に関する契約を締結いたしました。






Social Good Foundation株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 高岡壮一郎、以下SGF)は、シンガポール拠点の大手仮想通貨交換所「DigiFinex」と欧州を中心に幅広い顧客層を持つ「LATOKEN」と暗号資産SocialGood(ソーシャルグッド)の上場に関する契約を締結いたしました。



「DigiFinex」は仮想通貨取引総額で世界第5位(*)の大手仮想通貨交換所で、暗号資産SocialGoodの上場契約と共に、暗号資産キャッシュバックサービスであるSocialGood Cashback(ソーシャルグッド キャッシュバック)のプロモーションに関する契約も同時に締結いたしました。

(*)コインマーケットキャップ2019年3月2日時点



「LATOKEN」とは上場契約と共に、Initial Exchange Offering(IEO)に関する契約を締結しました。3月中にLATOKEN上でSocialGoodを購入できます(日本居住者の除く)。



それぞれの仮想通貨暗号資産交換所に上場する日程は、後日追って発表いたします。



なお、上記以外にも複数の大手仮想通貨取引所と契約済みで、しかるべきタイミングで改めて、発表をいたします。



【暗号資産SocialGood 誕生の背景】

資本主義の仕組みの中では、消費者は常にお金を企業に払う一方です。企業から配当を受け取る資本家は益々豊かになりますが、一般の消費者との格差は広がっています。「資本主義はその成功ゆえに自壊する」(*)という指摘もあり、世界のリーダー達の間で社会的な課題として認識されています(**)。

(*) ユーゼフ・シュンペーター(ハーバード大学教授)

(**) 2019年1月21日世界経済フォーラム(ダボス会議)「99%のための経済」



私たちは、トークンエコシステムを新しく創ることで、資本主義の仕組みをアップデートし、この課題の解決に取り組んでいます。



AIとブロックチェーン技術に支えられたSocial Good Ecosystem™は、消費者が買い物をすればするほど、暗号資産(トークン)が貯まり、消費者の持つ資産が増え経済的に豊かになれる仕組みです。全世界の70億人が資本家になり、安心して生活できる世界を目指しています。



Social Good Ecosystem™は、人々に力を与え、社会をより良くすることを目指します。

詳しくはホワイトペーパーをご覧ください。

https://socialgood-foundation.com/jp/whitepaper-web/



【SocialGood Cashback(ソーシャルグッド キャッシュバック)について】

SocialGood Cashbackとは、SGFが開発し、100%子会社(在マルタ)が発行する暗号資産SocialGood(SG)でキャッシュバックが行われます。SGのユーザ数はグローバルで4万人です。本サービスは3月7日にローンチされ、アマゾン・アップル等で買い物をした全員にもれなく20%キャッシュバックを実施しています(ただし、日本居住者を除く)。



SocialGood Cashback サービスサイト

https://socialgood-cashback.com



コンセプト動画(ビジネスモデル特許出願済み)

詳しい仕組みは、以下のサイトから「動画」でご覧いただけます。

https://socialgood-foundation.com



【総額11億円分。もれなく20%キャッシュバックキャンペーン】

資金調達額3,000万ドルのうち、キャッシュバック累計が1,000万USドル (約11億円)に到達するまで、提携ECサイトで買い物をした方全員に、もれなく20%キャッシュバックを行います。普段は値引きされない商品を割安で手に入れることができます。



詳細の条件は、SocialGood Cashbackのサイトでご確認ください。



【SocialGood Cashbackサービスの特徴】

キャッシュバックサービスは通常、サービスを提供する会社が発行するポイント等で行われ、ポイントの利用は一部のサービスに限られ、現金への換金レートが低い場合や、高い銀行手数料がかかる場合がありました。

今回のサービスでは、SGFが開発し、100%子会社(在マルタ)が発行するSGでキャッシュバックが行われます。暗号資産を活用することで、銀行手数料や海外送金手数料を省くことができるため、各国通貨へのスムーズな換金が可能です。



暗号資産・ブロックチェーンを活用した低コストのオペレーションにより、ユーザの皆様に対して、世界で最も高いキャッシュバック還元をできることを目指しています。



【SocialGoodの価格保証について】

上場後、SG価格は変動しますが、キャッシュバックで付与された時点におけるSGの価格で(例えば、1SG=10USドル)、ユーザからのSGを買い取り保証をSGFは行います。その保証の原資として、海外機関投資家から33億円(USD30M)を2018年中に調達しています。



暗号資産「ソーシャルグッド」海外投資家から33億円調達 2018年10月1日

https://www.sankeibiz.jp/business/news/181001/bse1810010500002-n1.htm



買取請求方法については、SocialGood Cashback サービスサイトの利用規約をご覧ください。



【SocialGoodの価格について】

ユーザがSGFからキャッシュバックで貰えるSGは、市場価格が上昇する場合があります。価格が上昇する場合のメカニズムについては、ホワイトペーパーをご確認ください。



SocialGood ホワイトペーパー 第6章 エコシステム構築のためのトークンセール

https://socialgood-foundation.com/jp/whitepaper-web/chapter6/#chapterLink



【SGの販売について】

2019年中に本プレスリリースに掲載の大手仮想通貨交換所で上場する予定ですが、上場前の段階で、複数の暗号資産交換所上で、口座保有者の方を対象に、SGの有償販売を一部行います。第一弾として、月間取引高5179億円(*)を誇る仮想通貨取引所LATOKENでの販売が開始される予定です。なお日本居住者は購入できません。

(*) コインマーケットキャップ2019年3月2日調べ



【Social Good Foundation株式会社について】

「社会を良くする」。私たちのすることはすべて、この信念で行っています。私たちが世界を変える手段は、暗号資産・トークンで世界中がつながり、すべての個人・

企業、そして社会全体がWin-Win-Winになるエコシステムを拡大していくことです。








  このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ最新記事

欅坂46・日向坂46 応援【公式】音楽アプリ『UNI’S ON AIR』事前登録者数15万人突破に関するお知らせ


ゴールデンボンバーが、LINEを使ってモテたい人必見の”神モテ曲”をリリース!「LINEのBGMにしてるとモテる曲」をLINE MUSICにて独占配信


『アルテイルNEO』激得デッキが3種類!「松竹梅構築済みデッキ」が登場!


【パズル&ドラゴンズ】より快適にゲームを楽しめるようになるアップデートの実施決定!


プロゲーマーチーム「PONOS」全メンバー参加のファンミーティング開催に関するお知らせ




ページトップへ