働き方改革を実現する『UniForm』がIT導入補助金の対象ITツールに認定|株式会社ユニフィニティーのプレスリリース


  このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ユニフィニティー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:稲垣 昭治)は、経済産業省が実施している「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」において、「IT導入支援事業者」に認定されました。当社が提供する『UniForm』を新規で導入する場合、50万円の補助金を受け取ることができます。



■IT導入補助金について

 IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上支援を目的に、ITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する事業者に対して導入費用の一部を補助する制度です。この制度を利用すると、ITツール導入費の2分の1以内(上限額50万円)が補助されます。

 IT導入補助金の詳細は、https://www.it-hojo.jp/をご覧ください。



■モバイルアプリ活用で働き方改革を推進

 働き方改革を実現するために業務システムのモバイルアプリ化が不可欠となります。しかし、業務システムをモバイルアプリ化する場合、モバイルアプリの開発コストはもちろん、慣れ親しんだ帳票類からインターフェイスが変わってしまうことや、アプリの端末への配布に手間がかかることなど、様々な課題が存在します。UniFormを活用することで、これらの課題を解決し、働き方改革を協力に推進することができます。



■モバイルアプリをわずか数分で

 UniFormでは、現在利用しているExcel帳票を取り込むだけで、わずか数分でモバイルアプリを作成できます。また、手書きメモやカメラ撮影など、オリジナルの機能を追加することが可能です。作成したアプリはOSの種類やバージョンを問わず利用できるほか、アプリで入力された情報はクラウド環境にアップロードされるため、報告書の管理も容易です。

 UniFormの詳細は、https://uniform.unifinity.co.jp/をご覧ください。



■主な機能

・Excel帳票の取り込み

・完成アプリの端末配布

・マルチOS(iOS/Android/Windows)対応及びOSバージョンアップ吸収



■販売価格

・UniForm環境  1企業あたり1,200,000円 ※導入補助金対象

・アプリ実行環境 1デバイスあたり500円/月



 

株式会社ユニフィニティーについて

 ビジネスアプリの開発から運用までを劇的に容易にする「Unifinity Platform」を提供。

 「Unifinity Platform」は、コーディング不要のアプリ開発環境「Unifinity Studio」、Excel帳票アプリ化プラグイン「UniForm」、アプリ実行環境「Unifinity Application Player」、シンプルで使いやすいモバイルアプリ「UniApps」といった製品群で構成され、アプリの開発・展開・運用をトータルでサポート。業務にフィットしたモバイルアプリを気軽に導入、活用いただけます。



 

本件に関するお問い合わせ

株式会社ユニフィニティー




担当:徳山

Tel :03-4404-3482

mail:keyaccount@unifinity.co.jp








  このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリ最新記事

光と音のRPG 『アークザラッド R』凶敵襲来「“冥跡の呪詛”ペル・アア 襲来」を開始!「凶敵コイン交換所」を実装!


「年忘れ!BLEACH Brave Souls“卍解”生放送 年末スペシャル2018!!」12月28日(金)に配信決定!


高校生バンド「No title」が、雪景色広がる地元・青森で撮影した3rdシングル『ねがいごと』ミュージックビデオを公開


『NO MUSIC, NO IDOL?LIVE supported by mysta』lyrical school 、Task have Funが出演し2月2日に開催決定!


期間中いつでも20%還元の「Payトク」キャンペーンスタート!




ページトップへ